青汁代表格のケールと大麦若葉の味の違い

青汁代表格のケールと大麦若葉の味の違い
青汁人気 > 青汁代表格のケールと大麦若葉の味の違い

青汁代表格のケールと大麦若葉の味の違い

青汁というとさまざまな緑色野菜から作られていますが、代表的なものといえばケールと大麦若葉が挙げられるでしょう。

 

ケールと大麦若葉だと僅かな差で総合的な栄養面でケールのほうに軍配が上がりますが、食物繊維は大麦若葉のほうが多かったりと、どちらも体にいいもので大きな違いはありません。

 

青汁を飲もうと思ったとき、最初に躊躇してしまうのはマズいというイメージです。

 

といっても青汁は素材やメーカーによってかなり味が異なりますので、いくつか飲んでいくうちに好んで飲めるものが見つかるはずです。

 

それを踏まえて美味しく飲みたいと思っているかたに関しては、大麦若葉のほうに軍配が上がると感じます。

 

大麦若葉が原料の青汁は、麦の柔らかな少し甲殻類に似たような後味が特徴的で、水に溶かすだけでもスッと喉に入っていく癖の少ない風味が特徴です。

 

ケールはそれよりももっと青野菜の独特の味が強く出ていて、菜の花や春菊を食べたときに感じるエグみのようなものを感じます。

 

ですが、野菜を摂っているという感覚が大きいですし、後味は爽やかです。

 

ケールのほうを苦手に感じて一度青汁を断念してしまったというかたも、大麦若葉は問題なく飲めるというケースも珍しくありません。

 

昨今ではたくさんの青汁が売られていますので、好みの味が見つかる確率も高いでしょう。


青汁のおいしい飲み方や工夫

 

健康にはいいというけれど、あまりおいしそうには見えない青汁に最初は抵抗がありました。

 

最近は割とおいしい飲みやすいタイプも出ていて、飲みやすさで選ぶのもいいと思います。

 

ただ原料を考えると当たり前ですが、青臭さはどうしてもありますよね。

 

私は青汁を少しでも飲みやすくしようといろいろな飲み方を試したことがあります。

 

コクが欲しい時には牛乳や豆乳がおすすめです。色も味も抹茶ミルクみたいになるので一気に飲みやすくなります。

 

野菜ジュースやフルーツジュースを加えるとすっきりした口当たりになるので、夏にぴったりです。

 

わりとどんなジュースでも合いますね。特にオレンジジュースなど柑橘系の味を合わせると、甘みが加わって爽やかな味になります。

 

ほかにもハチミツを混ぜると優しい甘さが加わって飲みやすくなります。

 

青汁のもつ青臭さや苦みを抑えるとかなり飲みやすくなることに気づいてからは、あれこれ試すのが楽しくなりました。

 

ちょっとドリンクかデザートを作るような感覚で楽しみながらアレンジするのが、青汁を続けるコツかなと思います。

 

青汁に興味はあるけど、続かないかもしれないと思って尻込みしている人には、アレンジするといいよって思います。