青汁について優先すべきこと

青汁について優先すべきこと
青汁人気 > 青汁について優先すべきこと

青汁について優先すべきこと

青汁は健康に良さそうだとか、最近野菜が不足しているから青汁を飲んでみようなど、青汁を飲み始めてみる動機はそれぞれですが、ほとんどの人は続けることができずに終ってしまうのが青汁の大きな特徴でもあります。

 

青汁を飲むのをすぐにやめてしまうのは、野菜ジュースなどの良さそうなものに切り替えることが良さそうに感じてしまうこともあるのでしょうが、まずはあまりおいしくないので続けられない人が多いと考えられます。

 

もちろん、青汁を飲み始めるのは何らか健康に良いという理由があるからですが、やめてしまえば意味はありません。

 

青汁とは言っても原料の違いなどで味はまちまちであり、飲みやすい風味にしてある青汁が増えているので、続きやすいように感じます。

 

しかし、飲みやすさも重視しなければなりませんが、飲みやすさで効果を減殺していればそれは青汁を飲む意味が半減してしまいます。

 

良薬口に苦し、ではありませんが、飲みやすくて効果が高い青汁が自分にとって価値のある青汁であることは明らかです。

 

青汁を飲み続けたいと思うのならまずは効果と飲みやすさを優先してどの青汁が自分にとってベストの選択なのかをしっかりと選択する必要があるのです。


避難している時は青汁が良い

 

大きな地震などで災害が見舞われた地域では、野菜などの物資が遅れていたが、私は避難しながら生活を送る時に青汁のセットを活用して栄養を補給していました。

 

被災してから避難所にいる時に徐々に炭水化物などの食べ物が届きますが、ビタミンやミネラルを含む野菜はなかなか届きませんでした。

 

避難している日数が長いと栄養失調によって体が不調になりやすいので、栄養を補給する為に青汁の粉末状の商品をストックしておいて良かったです。

 

物資が不足している状態では栄養が偏るので、便秘や下痢を引き起こしやすいが、乳酸菌が入っている青汁を摂取する事で避難所でも便秘などを気にしないで健康的に過ごせました。

 

避難所で摂取した青汁は玄米などの素材を活用していて、緑黄色野菜を摂取しないで効率よくビタミンを摂取できました。

 

人間が健康に生きていく為には適量のビタミンや鉄分などが欠かせないので、被災してから1週間程度は鉄分や乳酸菌などの栄養が豊富な青汁を毎日欠かさず飲みました。

 

肉などのタンパク質はあまり取れなかったが、避難所での生活では、私や子供が病気をしないで体を良い状態に整えられた事が良かったです。

 

一緒に避難所にいた子供に青汁を飲ませたら、夜間は安心して眠りに入りました。