クラウドクレジットの評判@貸し倒れリスクはあるのか実績を調査!

クラウドクレジットの評判@貸し倒れリスクはあるのか実績を調査!

クラウドクレジットについて述べる前に、まずクラウドファンディングについて知っておいたほうがいいでしょう。クラウドファンディングについては、数年前くらいからちょくちょくテレビや雑誌などで取り上げられることが多くなってきたので、知っているという人も少なくないと思われます。
最近話題にクラウドファンディングではクラウドファンディングで資金を集めたアニメ映画がかなり大きなヒットを飛ばしたことなどです。クラウドファンディングはインターネットなどを通じて、資金調達をする方法となります。最近では多数のクラウドファンディングを仲介するサイトもありますので、投資してみた人もいるかもしれません。

 

クラウドファンディングが出て来る前には、企業や個人が事業などを始めようとする場合に必要なお金を調達するには銀行や証券会社などの金融機関から融資を受けることが一般的でした。つまり、銀行や証券会社などの金融機関から融資を受けるためには、金融機関からの面倒な審査が必要でした。
このような融資では金利面では安く融資を受けることができますが、審査に通らないことがあったり、融資までに長い時間がかかることも少なくありませんでした。このようなシステムとは違い、クラウドファンディングではお金を必要としている人とお金を投資したい人をインターネットを通じてダイレクトに近い形で結びつけるシステムです。

 

銀行や証券会社などの金融機関を介さないクラウドファンディングは、銀行や証券会社などの審査などはありませんから、容易に融資を募集することができるメリットがあります。また、投資したい人は小額からの融資が可能であることや高利回りを期待できることから人気を集めています。
もちろん、すべてのクラウドファンディングでの融資の募集が成功するとは限りませんし、投資家は融資金額をロスしてしまうリスクも少なくありません。その意味からすれば、クラウドファンディングはハイリスクハイリターンの投資であるということになるでしょう。
ただ、クラウドファンディングは時代にマッチしているシステムであることから、クラウドファンディングによる資金の調達額は年々増える一方となっています。

 

クラウドファンディングはほとんどが国内向けの融資ということになりますが、それをグローバルに展開しようというのが、クラウドクレジット株式会社です。クラウドクレジットは2013年に設立された、歴史的には浅くできたばかりの会社であるということができます。
しかし、2018年の1月の放送された経済系の有名なテレビ番組で紹介されたことで注目度が飛躍的に上がっている会社でもあります。

 

はっきりといえば、日本国内では世界から比べると資金需要は決して多くなく、日本銀行の政策を持ち出すまでもなく、市場の大量に放出されたジャブジャブのお金は行き場を失っている状態であり、銀行預金などにいわゆる「ブタ積み」されています。
そしてその「ブタ積み」された銀行預金はゼロ金利政策がとられている日本ではほとんど増えることなく、そのままの状態が長い間い続いています。そこに目を付けたのがクラウドクレジットではこれらの行き場を失って活用されることのないお金を資金需要の豊富な国に融資をしようということを事業にしたのです。

 

当たり前のことかもしれませんが、日本では資金需要があまり多くなくても、世界に目を向ければ資金需要が多い国であってもその資金需要がしっかりと満たされていない国はたくさんあります。
特にこれから経済発展を遂げようとする新興途上国ではたくさんの資金需要があるものの、金融機関が整備されていなかったり、お金そのものが不足していることがあります。そのような新興途上国に融資を仲介するのがクラウドクレジットということです。

 

もちろん、このような新興途上国に融資をすることは高いリスクが伴います。その高いリスクをとることの引き換えに高いリターンがあります。クラウドクレジットに出資する投資家はすべてハイリスクハイリターンを覚悟の上に投資すべきですし、実際に投資しています。
クラウドクレジットが融資しているファンドの平均的なリターンは5%から10%以上であることも少なくなく、相手国もアフリカ、中南米、東欧などになっています。つまりかなりハイリスクであることは間違いありませんし、ハイリターンであることも確かです。

 

クラウドクレジットは世界の成長を取り込むという戦略をとっています。
ただ、いくらハイリターンであっても、一度でも貸し倒れが発生してしまっては大きなリターンでも取り戻すのは時間がかかってしまうことから、いかにリスク分散をすることができるか、
いかに貸し倒れを起こさないでハイリターンを得られるようなファンドを作ることができるかがクラウドクレジットがこれから事業を大きく発展できるかどうかの境目になることでしょう。


クラウドクレジットの強みとは?また、弱みはあるのか?

国内No.1の海外特化型ソーシャルレンディングサービスとも言えるクラウドクレジット。そんな、クラウドクレジットの強みと弱みについてお話したいと思います。

 

・最高クラスの期待利回りが強み
クラウドクレジットの利回り例として、他が期待利回り7%前後の商品を販売しているのに対し、クラウドクレジットの場合は、カメルーン中小企業支援プロジェクト【為替ヘッジあり】の12.0%をはじめ、10%以上の商品を多く取り扱っています。その事からもわかるようにどれだけ期待利回りが良いと言えるかわかるかと思います。
その上、最低投資金額が1〜5万円で始める事ができるクラウドクレジット。その為、まとまったお金を用意する事が難しい人でも始めやすく、また、リスクを最小限に抑える事も可能になっています。そう言った点が、クラウドクレジットの強みの一つとなっているのです。

 

・背景に大手資本があると言う強み
クラウドクレジットを出資している企業の中に日本最大手と言われる商社「伊藤忠商事」があります。これは、非常に大きな強みではないでしょうか。伊藤忠商事が出資していると言う事で、利用者に与える安心感は、とても、大きなものになるかと思います。
その上、伊藤忠商事が出資していると言う事で、今後も期待する事ができる企業のように思える事ができ、安心と期待感を持って利用する事が可能になるかと思います。

 

・元本割れがほとんどないという強み
クラウドクレジットの場合、公式サイトを確認する事でリスクの高い案件を事前に確認する事が可能です。その為、確認した上で手続きを行う事で、随分、リスクを軽減させる事ができるかと思います。その上で、クラウドクレジットでは、不安要素の高い案件は、早期返還される事が多いと言われています。その結果、最悪の元本割れを未然に防ぐことが可能となるのです。この点においては、リスクを回避する上で非常に大きな強みと言えるのではないでしょうか。

 

・価格変動に左右されにくい強み
クラウドクレジットの場合、各国の金融緩和による株価の変動に投資家が振り回される事は少なくなっています。クラウドクレジットでは、市場の価格変動に左右されない事が多く、その為、安心して投資を続ける事が強みとなっています。

 

・フォローの充実が強み
クラウドクレジットでは、定期的にセミナーや運用報告会を開催しています。その為、それらに参加する事で多くの知識を得る事ができるほか、安心して利用する事ができるようになっています。その為、クラウドクレジットのセミナーや運用報告会は、いつも、満員と言われています。中には、キャンセル待ちが出るほど…。それほど、内容の濃いセミナーや運用報告会になっていると言え、その点も非常に大きな強みになっていると言えると思います。
内容は主に商品の現状説明。また、運用担当者とも直接、話す機会を設けてくれている為、わからない事などもその場で聞く事が可能な、そんな機会となっています。セミナーや運用報告会などに参加することで、社員の顔を確認する事ができる安心感。また、直接、運用担当者と話をする事で、思いがけない収穫を得る事も可能です。
基本的には、東京都内で開催されているようですが、全国各地でも開催されている為、一度、近くで開催される際は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

・海外案件ならではの弱み
クラウドクレジットの場合、どうしても、海外案件ならではの弱みが発生してしまいます。それは為替リスクといい為替変動。ドルが高く日本円が安くなった時に返済される事で、ドルの時は価値が高いですが日本円に換金されるので価値が安くなってしまうのです。これは、どうしても避ける事ができない弱みかと思われます。

 

・分配金の配分方法が複雑という弱み
クラウドクレジットの場合、分配金の受け取り方を選べる事が可能です。その為、一見、有り難い機能のように思えるのですが、実際のところ、それらの使い分けが複雑でよくわからないなどと言った声が大きくなっています。分配金の受け取り方は、満期一括タイプ・元利均等タイプ・毎月分配タイプ・元本満期一括タイプの合計4タイプ。これらを使い分ける事ができるまでには、少し時間がかかってしまい、その結果、面倒だと思う人も少なくありません。

 

・まとめ
以上がクラウドクレジットの強みと弱みとなります。いかがでしたか?少しは、興味を持たれたでしょうか。クラウドクレジットの場合、開設費・維持費は無料となっており、簡単に始められる点も大きな強みとなっています。しかも、運用期間は最短7か月となっており、そう長い間、待つ必要もありません。その上で、最低投資金額は1万円となっている為、試しに利用してみようと思うような人でも、すぐに始める事ができるようになっています。わからない事があれば、通話無料フリーコールですぐに確認する事もでき、初めての人でも安心して利用を開始する事ができるのではないでしょうか。